本文へスキップ
                                                                          お引越しの事はトップランナーにお任せください
引越しのトップランナー                                          0120-70-9575                                                 









梱包方法




ダンボール

ダンボールは底をしっかり十字にテープを貼る。

底を組んでるだけ、テープ無しはダンボールの底が抜けてしまいます。

しっかりテープをとめましょう。






ダンボールの種類

本や食器など、重たい物はSサイズのダンボールへ、衣類等の軽い物はMサイズのダンボールへ梱包してください。

搬入部屋、内容の記載をしておくと楽ですよ。

割れ物にはしっかり注意書きをしてください。









食器

ダンボールの底に食器紙や緩衝材などをつかいクッションにします。お皿は1枚1枚しっかり食器紙で包んでください。

お皿は立てて、箱を揺すっても動かないように梱包してください。

重たい物を出来るだけ下に詰めるのがコツです。隙間にはクッション材を詰めるとうまく箱詰めできます。






液体類

調味料や洗剤など、液体が入っている物は、必ず蓋が閉まっているか確認しましょう。

ラップをかけて、輪ゴムで縛っておくと安心です。








包丁など

包丁やフォーク、ハサミなどはそのまま箱に詰めると危険です。

食器紙を何枚か重ねて包んだり、ダンボールの切れ端で梱包するなど、開封した時に怪我をしないように梱包しましょう。







衣類

衣類はMダンボールに梱包してください。

ハンガー掛けの衣類は、当日そのままにしていただければ作業当日にハンガーボックスを用意します。

タンスの中身は極力出していただくようにお願いします。衣装ケースの中身はそのままでもお運びできます。






本類

雑誌や本類はひもで縛ってまとめるだけだとバラバラになる、汚れるなどのおそれがあります。

出来るだけ、Sサイズの段ボールに詰めるようにしましょう。






布団

布団は専用ケースか、布団袋に入れてください。

当社でも引越し用の布団袋はご用意できます。








灯油

灯油などは全て使い切っておくことが理想です。

難しい場合、処分に困る場合はガソリンスタンドに持ち込めば廃棄してもらえるはずです。








バッグ・靴

型崩れしないよう、バッグや靴の中に紙などを詰めておくと安心です。

少し余裕をもって箱に詰めた方がよさそうですね。

購入した際の箱が残っている場合は箱に入れてからダンボール詰めしてください。












このページの先頭へ

バナースペース