本文へスキップ

     お引越しの事はトップランナーにお任せください                                                                

    引越しのトップランナー                                                            フリーダイヤル 0120−75−9575

                                                   

見出し    梱包テクニック集



           「基本の荷造り編」






                              段ボールは底をしっかり十字にテープを貼る
                              底を組んであるだけ、テープなしは底が抜けます
                    しっかりテープ止めをしましょう。












                    本や食器など、重たいものはSサイズの段ボールへ
                    衣類等の軽いものはMサイズ段ボールへ

                              場所、内容物の記載をしておくと楽ですよ。
                    割れ物にはしっかり注意書きをして下さい。











      「台所の荷造り編」




                                段ボールの底に食器紙(当社がご用意します)や緩衝材を引いて、
                     クッションにします。

                     お皿は1枚1枚しっかり食器紙で包んでください。
                     箱を揺すっても動かないようにするため、お皿は立て
                     グラスは逆さまに箱詰めしましょう

                     重いものをできるだけ下に詰めるのがコツです。
                     すき間ができる際、食器紙を詰めるとうまく箱詰めできます。







                                調味料や洗剤など、液体が入っているものは、必ず蓋が閉まって
                      いるか確認しましょう

                      ラップをかけ、輪ゴムで縛っておくとさらに安心です。











                      包丁やフォーク、ハサミなどはそのまま箱に詰めるのは危険です。

                      食器紙を2枚で包むや、段ボールの切れ端で梱包するなど、
                      開梱したときに怪我をしないように梱包しましょう。
















            「ケース別荷造り編」




                        衣類
                     
                         Mサイズの段ボールに梱包してください。
                  ハンガー掛けの衣類は、当日までそのままにしていただければ、ハンガー
                  ボックスを当日用意します。

                  タンスの中身は極力出していただくようにお願いします。
                  プラスチック製の衣装ケースは中身そのままでもお運びできます。


                           雑誌、本類

                         ひもで縛ってまとめるだけだと、積み重ねができない、ばらばらになる、
                  汚れる、などのおそれがります。

                  できるだけSサイズの段ボールにまとめて詰めるようにしましょう。
                  重ねた際につぶれないように、上部に空間ができないようご注意下さい。



                        布団、座布団類

                         専用ケースか布団袋に入れてください。
                  当社でも引越し用の布団袋はご用意できます。




                           灯油、ガソリン類

                         灯油などはできるだけ全て使い切っておくことが理想です。
                  難しい場合、処分に困る場合は、ガソリンスタンドなどに持ち込めば廃
                  棄してもらえるはずです。





                        バッグ、靴類

                         型くずれしないよう、バッグや靴の中に紙などを詰めておきましょう。
                  少し余裕をもって箱に詰めたほうがよさそうですね。
                  購入した際の箱が残っている場合は、箱に詰めてから段ボールに入れれば
                  問題ありません。








バナースペース